新幼稚園児のストレス

幼稚園児のストレスは、体の疲れからくることが多いようです。

入園した日から、バスや徒歩で決まった時間に毎日通うわけです。

始めて会社勤めをした人は、1ヶ月くらい大変でしたよね。

幼児にとって、

親と離れての幼稚園生活は、なにもかもが新しく刺激が強いため、当然疲れます。

ここで大切なのは、お母さんお父さんの声掛けです。お母さんやお父さんが、

「毎日幼稚園に通うのは大変だね。」
「お友達からいじめられていない。」
「先生には怒られていないかな。」
なんて言うと、子供は、
『幼稚園はたいへんなところなの?』
『お友達の中には意地悪する子もいるのね。』
『先生も怒ったりするのね。気をつけないと。』
と思うわけです。

毎日そのような会話が続くと

だんだん幼稚園に行くのが嫌になって

いろいろなことがストレスになるのです。

一方、お母さんやお父さんがポジティブな家庭は、
「毎日楽しそうだね。幼稚園のどんなところが楽しい?」
「もうすぐ、運動会だね。パパも見に行くからね。楽しみだね。」
「幼稚園の先生は、みんな優しそうだね。」
なんて言うと、子供は、
『幼稚園の●●も楽しいけれど、○○はもっと楽しいし・・・・○○も大好き!』
『運動会はパパも見に来るのね。頑張るぞ!』
『先生はみんな優しいよ。○○先生はとくに大好き!』
と思うわけです。毎日そのような会話が続くと、

幼稚園が楽しくて、楽しくて、ストレスも吹っ飛んでいきます。

子どもへの声掛けは、いつもポジティブに!

Follow me!